2012年02月17日

パルス退院3ヶ月後の通院(次週は扁桃腺摘出)

ステロイドパルス退院後3ヶ月が経ちました。
検査結果は、次の通りです。

蛋白 (−)  1月(+−) 12月(−) 治療前 (2+)〜(+)
潜血 (−)  1月(−) 12月(+−) 治療前 (2+)〜(+)

比重 1.007  1月 1.013 12月 1.007
(尿の濃さ)

1日蛋白量 0.17g  1月 0.19g 12月 0.18g 治療前 0.5〜0.8
(尿蛋白÷尿クレアチニン)

赤血球数 0.80  1月 3.30 12月 3.60 治療前 50〜70


蛋白・潜血ともに、マイナスとなりました。
尿が薄いとマイナスになりやすいですが、
12月と同じ比重(尿の濃さ)で、潜血が+−から−になったのは、
潜血が減っているということでしょう(赤血球数も減)。
1日蛋白量の方は、この3ヶ月ほぼ変わりないです。
理想を言えば、1日蛋白量0.14以下に減って欲しいですが・・・

現時点では、治療前に思っていたよりうまくいっている、と感じます。
この病気の方のブログ等を拝見すると、パルス退院3ヶ月後くらいでは、
蛋白・潜血のどちらか(または両方)が+という人も結構いるよう
だからです。

プレドニン(ステロイド)は、2ヶ月ごとに1錠ずつ減らしていく
予定の通りに、今月は先月と同じ隔日5錠のままです。
現時点では、ステロイドの副作用で困っていることはありません。



さて、次週は、扁桃腺摘出のため再入院(1週間)です。
3ヶ月前からの予約です。
総合病院では、耳鼻科の扁摘手術は予約待ちの状態。
他のブログ等を拝見すると、先に扁摘手術を耳鼻科専門の病院で
行ってから、ステロイドパルスを始める人も結構いるようです。
多数派は、「扁摘→パルス」の順。
私は、「パルス→(3ヵ月後)扁摘」の順です。

扁桃腺を摘出すると、一時的に尿検査の結果が悪化することが
あるらしいです。
腎臓に悪影響を与えるんですね。だから摘出するんですけど・・

手術後数日しばらく痛そうなのが不安(個人差があるようですが)。
入院中の楽しみである食事が満足にとれそうにないのも残念です。
個人的には楽勝だったパルス入院に比べると、今回は少しつらいかも?
posted by 腎ユウサク at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ステロイドパルス療法・退院後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。