2012年06月08日

パルス退院7ヶ月後の通院

ステロイドパルス退院後7ヶ月後の通院記録です。
検査結果は、

1日蛋白量 0.11g 5月0.12g 4月0.17g 3月0.17g 2月0.17g 1月0.19g
12月0.18g 治療前 0.5〜0.8
(尿蛋白÷尿クレアチニン)

蛋白(+−) 5月(+−) 4月(+) 3月(+−) 2月(−) 1月(+−)
12月(−) 治療前 (2+)〜(+)

比重 1.020 5月1.019 4月 1.019 3月 1.014 2月 1.007 1月 1.013 
12月 1.007
(尿の濃さ)

潜血(−) 5月(−) 4月(−) 3月(−) 2月(−) 1月(−)
12月(+−) 治療前 (2+)〜(+)


1日蛋白量(推定値)[尿蛋白÷尿クレアチニン]が 、
2ヶ月連続で、0.1g。
「0.1は寛解レベルですね」と、主治医のお言葉。
寛解という単語が聞けてうれしいですが、
試験紙による判定では(+−)なので、あまりすっきりしません。
ま、試験紙は尿の濃さに影響されたりする「目安」なので、
1日蛋白量[尿蛋白÷尿クレアチニン]の方が信用できるようです。

薬(プレドニン)の方は、2ヶ月ごとに1錠ずつ減っていくので、
今月は隔日3錠のままです。
ステロイド(プレドニン)は、急に減らすとその副作用が危険なので、
徐々に減らしていくらしいですが、
その減らし方に確立された方法はないらしいです。
この病院では、症状が良くなっても、2ヶ月ごとに1錠ずつ減らす
ことを続けているようです。

血液検査の項目に、ひとつ気になる項目がでてきました。
「TP」という項目です。
ネットで検索すると「TP」とは、血清中の総蛋白らしいです。
それが徐々に低下傾向で、今月は「6.1」となりました。
6.7〜8.3くらいが正常値らしいので、結構低いですね。
薬の影響でしょうか?それとも?
次回の診察で質問してみようと思います。
posted by 腎ユウサク at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ステロイドパルス療法・退院後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする