2012年12月07日

ステロイド終了後の1回目の通院

約1年間で徐々に減量していったステロイドが終了した後の
1回目の通院記録です。

私の場合、ステロイドの服用期間中に困った副作用はなかったのですが、
ステロイド終了後は、さっそく風邪をひいてしまい、こじらせてしまいました。
ひどいセキが10日間くらい続いてしまったのです。
ステロイド服用期間中は、まともな風邪は一度もひかなかったのに・・・
私の場合、ステロイド服用期間中は、体の調子がよく、
ステロイド終了直後はむしろ抵抗力が低下してしまったのでしょうか?
他にも、ステロイド服用中はおさまっていた(腎炎以外の)元々の体の
悪い所が復活気味です(たとえば、脚のかゆみや手の爪の症状など)。
私の場合、ステロイド服用によって、元々の(腎炎以外の)体の悪い症状が
おさまっていたんです(さすが万能薬?)。
といっても、はっきりわかるほどステロイド服用期間中との違いが
あるわけでなく、あくまでごく若干の違いという程度なんですが。

ということで、腎炎も復活していないかと不安を持ちつつ、検査に。
結果は、蛋白量については前回までと変わらず。
ただ潜血は+−となってしまいました。
「風邪のせいでは?」と主治医のお言葉。
そうであることを願います。


<検査結果>

推定1日尿蛋白量(=尿蛋白量÷尿中クレアチニン)

治療前 0.5g〜0.8g
昨年12月 0.18g
1月 0.19g
2月 0.19g
3月 0.17g
4月 0.17g
5月 0.12g
6月 0.11g
7月 0.09g
8月初 0.18g
8月末 0.17g
9月 0.17g
10月 0.14g
12月 0.13g(今回)


蛋白(試験紙判定)
( )内の数値は「比重」(=尿の濃さ)(基準値は 1.010〜1.025)
試験紙判定は、尿の濃さに左右されるので併記しています。

治療前 「2+」〜「+」
昨年12月「−」(1.007)
1月「+−」(1.013)
2月「−」(1.007)
3月「+−」(1.014)
4月「+」(1.019)
5月「+−」(1.019)
6月「+−」(1.020)
7月「+−」(1.021)
8月初「+」(1.024)
8月末「+−」(1.020)
9月「+−」(1.021)
10月「+−」(1.016)
12月「+−」(1.019)(今回)


潜血
右側の数値は「赤血球数」。

治療前 「2+」〜「+」 50〜70
昨年12月「+−」3.60
1月「−」 3.30
2月「−」 0.80
3月「−」 6.10
4月「−」 3.40
5月「−」 3.00
6月「−」 1.60
7月「−」 2.40
8月初「−」15.80
8月末「−」3.70
9月「+−」7.70
10月「−」 4.40
12月「+−」68.10(今回)

家に帰ってから気がついたのですが、赤血球数が多いです。
治療前のレベルです。
この数なら、2+か1+のレベルだと思うのですが・・・
(+−判定と赤血球数がバランスしてないと感じます)
なぜなんでしょうか?
風邪をひいたせいなのでしょうか(今は風邪は治ってますが)。
これで、「円柱」が+であればほぼ腎炎確定でしょうが、
円柱は出ていません。

ま、風邪の影響が残っていると考えることにして、
次回2ヵ月後の検査を待ちたいと思います。
posted by 腎ユウサク at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ステロイド終了後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする